ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業 2021年度実績報告

大伸工業および協同組合 建翔では、2016年よりネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業のZEHビルダーに登録しております。 2020年度からの普及実績の報告及び2025年度のZEH普及目標の掲載をいたします。 ※ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)支援事業とは 我が国では「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(以下、「ZEH」という)の実現を目指す」とする政策目標を設定しています。経済産業省資源エネルギー庁は、2021年10月に閣議決定された第6次エネルギー基本計画における「2030年度以降新築される住宅について、ZEH基準の水準の省エネルギー性能の確保を目指す」、「2030年において新築戸建住宅の6割に太陽光発電設備が設置されることを目指す」という政府目標の達成に向けて、ZEHの普及に向けた取り組みを行っていきます。 本事業は、上記政策目標とその達成にむけたZEHロードマップに基づき、ZEHの自立的普及を目指して高断熱外皮、高性能設備と制御機構等を組み合わせ、ZEHを新築する、ZEHの新築建売住宅を購入する、または既築住宅をZEHへ改修する者に補助金を交付するものです。